シニアから歯医者に求められるものとシニア向けサービス

シニアの歯医者に対するニーズ

歯医者側がシニアに対し、新しい関係の構築を模索してシニアのニーズを探っているのに対して、シニアから歯医者へのニーズは主に二つに分かれ、予防歯科を理解した上での予防歯科込みでの歯医者へのニーズと、予防歯科への興味がなく歯医者には治療だけを求めるというニーズが存在します。

もちろん歯医者にとって、予防歯科への理解を深め予防歯科を込みで求められることがベストではあるのですが、患者のニーズは歯医者の意向には関係ありませんので、シニアのニーズも歯医者とは必ずしも一致しないことは十分に想定されるため、シニアから歯医者のニーズもシニア個々人によって異なり、正答はないことから、開業医が成功するためには、最低限、開業予定地域のニーズを把握しておくことが求められるでしょう。

サービスからシニアが通いやすいか判断可能

シニア層が患者層としては大きい歯医者において、シニア層に対する歯科治療ができない歯医者というのは考えにくく、シニア層への歯科治療が虫歯や歯周病といった、歯科においてポピュラーな症状であることを踏まえるなら、シニアに対し単純な歯科治療が施せないような歯医者は、ほぼ存在しないものと考えて間違いありません。

しかし、シニア向けの歯科治療ができる歯医者であることと、シニアにとって通いやすい歯医者であることは同義ではありませんし、シニア側も予防歯科を含めた総合的な歯科治療を望むこともあれば、純粋に歯科治療のみを望む場合もあるため、単純な通いやすさに重点を置き、医院の構造がバリアフリーかシニア向けに訪問診療を行っているかといった点に着目して、シニア向けサービスの充実をベースにアクセスを加味することで、シニアの通いやすさをある程度判断できるのではないでしょうか。