シニアが通いやすい歯医者の特徴

シニア向け歯科情報サイト

現存する歯医者の大多数はシニア向け歯科治療を過不足なく行える

従来、シニアにとって歯医者は、虫歯や歯周病を発症した際に歯科治療を受けるために一定期間通院する歯のための病院であり、シニアの歯の健康意識の改革と歯医者の生き残りのために予防歯科を周知するなど、歯医者がシニアとの関係の変化を模索する一方、シニア側は従来の関係の継続を望む場合が少なくありません。

シニアと歯医者の関係の変化

一般的にシニア層が歯医者に求める歯科治療は、虫歯及び歯周病のような歯科治療においてスタンダートな治療であることが多く、歯の健康を維持し虫歯や歯周病の発症リスクを抑制する予防歯科や、歯を美しく見せるための歯列矯正や歯の洗浄並びにホワイトニングのような審美歯科的な治療を求められるケースは多くありません。

よって、保険適用外治療を含め徹底的な施術を施す場合を除き、施術自体は歯の洗浄とフッ素の添付に留まる簡易な予防歯科でなければ、まして施術する歯医者に審美歯科における専門的な技能と経験が求められる審美歯科でもない、歯医者にとって歯科治療のスタンダートとでも言うべき歯科治療を求めるシニアへの歯科治療に対応できない歯医者は、予防歯科ないし審美歯科を専門とした歯医者に限られ、それも技術的に不可能というわけでもないことから、歯医者の大多数はシニアへの歯科治療を過不足なく行えると考えていいでしょう。

ただ、シニアの歯科治療が行える歯医者がシニアに適したサービスを提供しているというわけではなく、シニア向けに特化した歯科治療を提供している歯医者の場合、シニアが無理なく通えるように医院のバリアフリー化を進めたり、訪問診療を行ったりするなど、よりシニアの歯科治療に力を注いでいますので、かかりつけの歯医者がない場合や予防歯科を始めたいといった場合には、アクセスの良さを考慮しながら、シニアの歯科治療に注力している歯医者を選ぶことを強くお勧めします。

シニアから歯医者に求められるものとシニア向けサービス

予防歯科の重要性の周知が不十分だった、現在のシニア世代の大半にとって、歯医者に求めるものは、虫歯や歯周病の治療に他なりませんが、医院のバリアフリー化や外出が難しいシニア向けの訪問診療など、シニア向けサービスも進んでいるので、シニアにとって通院しやすいのはシニア対応の歯医者でしょう。

歯の健康がシニアに及ぼす影響

歯の健康は健康寿命ひいては寿命そのものに影響するため、歯の健康を維持する重要性はシニアほど高く、歯の健康を疎かにした結果、固形物を噛んで飲み下す普通の食事に支障をきたし、健康寿命が減じ老化が進むなど寿命に悪影響が出る他、認知症の発症リスクが高まるなどの問題が生じます。